飛行機が到着し入国手続きにカウンターへ並ぶ
必要な書類を提出し渡航目的を訪ねるの言葉に「For busine「彼女を作りに」ss…」
被さる様に隣のカウンターから声が聞こえた。
見れば隣の男がこちらを向いて小さく手を振ってくる。
一つ咳払いが聞こえてきたので正面へ向き直り眼鏡のブリッジを指で上げて直し改めて手続きを済ませた。
鞄を手に取りカウンターを通り抜ける。

「お前あの答えはなんだ。完全に引かれてただろう。」
視線は向けぬまま隣に来た男に話しかけた。
「お前がやった時は盛り上がってたのになんでだよ。日本人ってのは本当に真面目だよな。」
呆れたため息で返してやった。
「俺はこのままビジネスに行ってくる。」
「俺は荷物を受け取ったら調達に。」
下ろした拳を一度ぶつけそのまま人を避けながら方向を違えて歩いた。